読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミイラとりがミイラに

ミイラをとりに出かけたら

映画『ホットロード』を今更見た話

いつか、春山の子どもの、お母さんになりたい。


結果、涙なみだ。工場のお昼休み、お弁当を持ったカズキを迎えるハルヤマが、あまりにもただかっこよくて、臣の顔面に初めて感謝しひれ伏した。能年 カムバック プリーズ!

ホットロード見ました。
紡木教の母を持つ私です。
母はしつこく言ったおかげでDVDを借りてきてくれたけど、一緒には見てくれなかった。でも私が興奮して話す結末を聞きながら、だいたい原作通りじゃん?だって。
紡木教の母のおかげで生まれたときから全作、家にあって、日に焼けたホットロードはたしか小学低学年のころに読んだか読んでないか、まだ”ぼうきたく”って読んでた時代。
あまり内容は覚えてないし、読み返したこともなかったのだけど、はじめて映画化が決まって、能年だって、なるほどってなった後の
「三代目jsoulbroters 登坂広臣
という文面はなかなかの破壊力だったことを覚えている。

や、おっさん!
もっと線の細い発達途上の少年!いやいやいや!!!と、母に速報を送りまくっていたんだけど、まさか自分が何年後か「EXILE TRIBE」をかじるとは微塵も思っていませんでした。


たんたんと進んでいくカズキとハルヤマがひたすらかわいくて仕方なかった。
以上

暴走族のことはよく分からない。

でもハルヤマがかっこよくて、かっこよくて、ズルいな。

結果紡木たくは私を裏切らなかった。
(矢沢教の私は何度も何度も矢沢あいには裏切られてる)
マリブル、もう、おみりゅで実写化しよ!それかgnimでヒロインおみ(軽率)

おみさんの初演技の初々しさと、能年の生まれ持った透明さと、大人になり切れないママ 木村佳乃と、薄暗い神奈川の海と、とても綺麗な映画だったと思いました。

本当に最後の工場のシーンが好きで、

春山の、子どもの、お母さんになりたい

ぎゅーってなった。

それにしても、LDHナベプロって何かあるの??(情弱)ハイローしかり。

しっかしEXILE一族の演技をみるたび、登場から銃殺まで、2時間以上必死に笑いを我慢するという拷問にあった、アンフェアを思い出し、良平さんに幸あれ