読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミイラとりがミイラに

ミイラをとりに出かけたら

SHINee World 2016 D×D×Dが終わった

2015年3月14日-15日、私はライブの正解を得た。東京ドーム公演の正解だったし、”初めての東京ドームライブ”という記念ライブの正解でもあったし、何と言ってもアイドルの正解であった。SHINeeは長年ドルヲタをやってきた私に、ついに正解を見せてくれた。ずっとずっと追ってきた”アイドル”というなまものの、答えを観たのだ。私が望んでいた、憧れていた、キラキラ輝くものの、最高の形が証明された。
ずっとずっと立ちたいと言い続けた場所に彼らは、やっと5人で立ち、5人で55000人、述べ110000人を1人残さず満足させていた。1人残らず幸福の絶頂に連れて行った。
あの2日間を超えることは、後にも先にももう無いだろう。

5人で円陣を組み、この世で1番美しい涙を流し、2015年の最高の5人を余すところなく見せてくれた。シャヲルやスタッフはそんな彼らを応援し、さらに5人はその応援に応えてくれる。終わらない倍々ゲーム。あの2日間、ドームいっぱいに広がる、幸せで幸せすぎて我慢がきかない55000人と5人の興奮はいつまでも忘れられない。

そして2016年、SHINeeはまたアリーナに戻ってきてくれた。嬉しかった。あんなに素晴らしい東京ドーム公演を終えた翌年、それを超える2016年のSHINeeを、またアリーナで見せてくれた。SHINeeを超えるSHINee
SMTで我慢できなかったテミちゃんが口を滑らせかけた通り、アリーナをまわったあと、今年は京セラドームと東京ドームで4公演。一歩一歩進むSHINeeが誇らしい。
初めての京セラドームに喜ぶSHINee。「ただいま」で始まる東京ドーム。全てをこの目に刻める喜びに震える。楽しくて楽しくて、帰ってから楽しくて涙が出てきたのは初めてだった。
昨年はやっぱり念願の初東京ドームということで内容も東京ドームのためのものだったししゃいにもシャヲルも涙涙の公演だったけど、今年はツアーファイナルとしてのドーム公演で、ひたすら楽しい楽しいがびっしびし伝わってきてこちらも楽しい楽しい公演で。

ミノの「みなさん」が好きだ。あまり日本語が得意ではない彼の、言葉にできない有り余る想いが、低い「みなさん」に、「あの〜」と同じ感覚で口から出てくる「みなさん」に、焦ったような「みなさん」に乗ってこれでもかと伝わってくる。胸がいっぱいになる。毎日同じことを言っていても、毎回毎回その日のミノの気持ちが伝わってくる。最後まで端から端まで笑って手を振ってくれてありがとう。
キーちゃんのシャヲルを見る目が好きだ。ファンに向かってあんなに優しく愛おしそうに微笑むアイドルを他に知らない。いつもいつも、シャヲルはキーちゃんに甘やかされている。すごく幸せそうに、会場を見て微笑むキーちゃんを見て、今日もパールアクアグリーンの光のひとつになれて良かった、と安心する。
じょんぴょんくんの照れたお顔が好きだ。才能と愛に溢れ、ごりっごりの世界観で一瞬にしてジョンヒョンに全員を引き込むのに、素のじょんぴょんくんは、褒められれば照れ、きゃーきゃー言われれば照れ、メンバーに弄られれば照れ、そして何度もなんども涙を見せてくれる。この子がしゃいにの上から2番目のヒョンなんて、なんて強いんだろう。ヒョンらしくないヒョン。メンバーを愛するじょんぴょんくん。
テミちゃんの言葉選びが好きだ。ありったけの日本語で私たちに話しかけてくれるテミちゃん。いつも端から端まで上から下まで全員を気にかけてくれる。そんなありがたいことしてくれなくても、全員あなたの虜なのに。言葉と行動で、いつも示してくれる。「一緒に作りましょーっ!」アイドルの言う永遠なんて、決して触れてはいけないものだけど、テミちゃんが言う「永遠」を信じられるのは、テミちゃんになら「永遠」を裏切られても良いと思えるほど、テミちゃんはテミちゃんの今の最高を見せてくれる。ヒョンたちのパワーを集めて天使から堕天使になるテミちゃん。あんな超厨二演出普通だったら笑えちゃうところだけど、「ヒョンたちのパワーが集まるテミちゃん」というのは真実で、その上紛れもなく天使だから、毎度泣けちゃうのはパトラッシュ。
おにゅくん、、おにゅくん、好きだ。好きだ、好きだ、愛してるーーーー!!!!

SHINeeはいつだって誠実に私たちに向き合ってくれる。韓国最大手事務所からデビューして多くの賞を受賞し、世界中のファンに愛され、毎年何公演も続くツアーをこなし、東京ドームを2日間埋めたって、ファン以外からも一目置かれる実力を備え、自分たちのやりたいこととやれることがどんどんと一致し自分たちの意見がどんどん表に出て形になるようになっても、決しておごることなく、いつでも誠実だ。ファンに対して、スタッフに対して、そして何よりメンバーに対して、SHINeeSHINeeに対していつだって真面目に誠実でい続ける。それがどんなに大変で、それにどれだけ救われるか。

SHINeeWorldは素晴らしい。いつでも、感情の隙間を埋めてくれる。嬉しい!楽しい!大好き!やっぱりそうだ巡り会えたんだ、ずっと探してた。
f:id:c_bdg:20160521060107j:image
ALWAYS WITH YOU
いつもあなたたちと、いや、いつも私たちのそばにいてくれてありがとう。パールアクアグリーンの光の中に立つ5人の男の子が、私の誇りです。