読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミイラとりがミイラに

ミイラをとりに出かけたら

空の下 美しいPrincePrincess と私

アイドル Prince

4月9日

深夜のカラオケにいた

歌っていない時には地上波放送が流れる安いカラオケ屋

お酒もほぼさめきった初対面2人
カラオケなんてさほど盛り上がることもなく、遠慮がちに交互に歌いながらだんだんテレビ放送が流れている時間が増える

ツマラナイ
つまらないし、眠い
端の壁に寄りかかり、寝る体制に入る。申し訳ないが、どうぞお好きな歌を歌っていてくれ……

「もう歌わない?」
「うーん」

画面がテレビ放送に切り替わる

かわいい男の子たちとサバンナの裸体が映る

(知ってる、神宮寺だ)

話を右から左に受け流しながら、目は1人のかわいらしい男の子に釘付けだった

「じゃあ俺次入れちゃうね?」
「待って、これ見たい」

よく言えたな

「あ、うん。」

銭湯に響く楽しそうな声とともに、隣からはザザザッと引潮の音が聞こえる

しかし、恥ずかしそうに濡れた前髪を仕切りに下ろすその子から目が離せない

前髪上げた方が、かっこいいのに、綺麗なお顔してるのに

胸がキューっとなる
今なら分かる。これは水無月マナの寒に対する感情(ドラマ『49』)に似ている。(どのツラ下げて)

「かわいい」

朝家に帰ればすぐに毎週録画を設定した

妹に聞く。岩橋くんは人気なの?

「人気も人気、ジュニア大賞ずっととってるんじゃない?」

へぇ、このタイプが…
ジュニア大賞と言えば山下赤西の時代だから、こんなにかわいらしい、レディースタイプの子が3連覇しているのは本当に意外だった

「……かわいくない?やばい、」

「は?どうした?何いまさら!姉が颯を無視して神宮寺見てる時もずっといたよ!?」(※妹・元颯くん担)

それはごめん

4月22日
三代目を見るために録画していたMステを再生する。今日は隣に妹がいる

1組目、Mr.KING とジャニーズJr.

衝撃的な映像に出会う

カミナリが落ちたような衝撃…いや、強火で3分炒められたような衝撃を受ける。腹を抱えて笑った。こんなに笑ったのは久しぶりだ。どこを見れば良いのか、全く分からないこの感覚、次々とそして軽々と披露されていく大技の数々。かわいいお顔、かっこいいお顔……普通のお顔

久しぶりだ!久しぶりのこの感覚に異様に興奮する

階段でウェーブをするジュニアの横ではナオトおじさんとNAOTOおじさんがコソコソ話しながら笑っている……分かるけど!!

と、画面手前から颯爽と登場するかわいい男の子が3人

(あ、神宮寺だ)

まだまだ衝撃は続く
金髪!筋肉!LDH!(違う)の稼ぎ頭である三代目さんの前で、「今裸でboom」リズムに合わせ露にされていくペラペラの裸体

もう身体の底から湧き上がる興奮を抑えることはできない

さあ行こうぜ
最強で
最高の
才能で
さあ行こうぜ
最速で
最新の
最前線

バンストゥーナイッ

次々と飛び上がる裸体(ペラペラでペロい)。面白いが過ぎる

ジャニーさん、やっぱりあんた最高だ

何度も何度もリピートは続く。(ちなみに今も週4で見ている)

見るほど面白いし見るほど6人のお顔がかわいくて強い、やばい。と同時に妹の説明もとまらない、この6人の紆余曲折(と、颯くん)

簡単に手を出したくないと悟る

4月27日
少年倶楽部にてプリンスはmessengerを披露、懐かしい歌にときめく

しっかりとプリンスの歌声を聞くと、全員三宅健か?と言いたくなったのは許してほしい

「俺たちずっと一緒だぜ」と3本指を立ててカメラアピールをする岩橋

好き、突然だけど好き!箱推ししたい私にとって、箱の中に箱推しがいることの魅力は計り知れない

それもこんなふうにアピールされたら、心臓掴まれてしまうのは自然の摂理

と、同時に今年のGWはジャニストにも抗うことをやめ、ストーンといってるので、これは俗に言う五月病かなんかかな?



真夜プリを欠かさないドヨルが続く。決して派手にバラエティー向きなわけではないが、きちんと面白い3人のバラエティーセンスにハマる

でも、ジャニーズJr.のユニットに入れ込んではいけないよ!心の中で高校生の私が叫ぶ。分かっている

アイドルとそのファンの数だけ、シンメとそのファンの数だけ、コンビや括りとその信者の数だけ、ユニットとそれを推す人の数だけ、それぞれの強い思いがある。歴が長ければ長いほど、推されるほど、ジャニーさんの気まぐれのたび、ひとつ季節を越えるたびに、その思いはますます深く入れ込み、大きくなり、そして消えることなく現世を彷徨う

重い。各地方から推されてる、推され続けている子が集まれば、それはそれは重い

ジャニーズJr.の、それもユニットに、入れ込んではいけない。分かっている


8月 3日
少年倶楽部にて「PrincePrincess」が放送される

全身に衝撃が走る。リピートが続く。3回目には歌いながら踊れるようになったし5回目くらいで母も祖母も口ずさんでいた。これぞアイドル、これぞアイドル曲だ、抗うことをやめよう。認めよう

夏をこの曲に捧げよう

そうと決まれば、急いでサマステのチケットを探す

今まで嫌という程やってきたチケ取引だが、チケ取引のなかでも、素人童貞とプロとヤクザが混在するJr.現場のチケ界隈、こわい!!(イメージだよ)

無事サマステ平プリ天才松松2公演を確保
今年は1年間のジャニヲタルーチンを体験しようと、世界最高峰の顔面を拝むことも決める

勝利「キンプリは、出ません!」

8月13日
待ちに待ったサマステ平プリ天才松松公演。2006年ぶりの夏ジュニア現場にお腹が痛くなる。岩橋か

11:00開演、冷静に考えて早すぎる。出社かよ。これが出社ならどんなに幸せか

番号も番号なのでギリギリに行って王冠のかわいいペンライトを買う。プリンスクリアファイルも我慢できずに購入。公演直前、鞄に入らない

EXシアターに圧倒される。我のそこそこの身長に感謝

待ちに待った生プリプリがけっこーーー早い段階で流れ出す。ファイルを抱え立ちながら涙を流すEXの婆、良曲をかみしめる

突然の「BOOM!BOOM!!」
?!?!!LOVE TOGETHERで思考がパーンッッして私の心は中学生に戻る。ここから記憶ない

終演後興奮状態で妹に電話をかけ、愛で産まれたベイビーラブトゥゲザーカモンカモンでブチられる

18:00 変わらず身長に感謝するしかない番号のためギリギリに行く。もうEXシアターも慣れたものである

相変わらずプリプリでファイルを抱え立ちながら涙を流すEXの婆、良曲を噛みしめる。LOVE TOGETHERで思考がパーンッッする。そこから記憶はない。じぐいわに割り込む岸くんで今日イチの歓声が上がり、もろもろ理解する。離さないで愛にて岩橋≒亀梨が確固たるものになる。幸せを願う

平野すごい

8月18日
サマパラ勝利に平プリゲストとの速報が入る。完全勝利宣言

8月21日
サマパラ勝利公演。VBB観劇後に詰め込んだため感情がイマイチついていかない。時間がギリギリ

NEWDAYが大好きになる
ほぼ平プリしか見られなかったからしょりを見るためにもう一回入りたかった後悔
和太鼓のためにジャニフワに行くことを決める

生勝利はフィギュアだった。大きさやバランスがおかしい。アイドルとして赤色を背負う運命の骨格。常冷静沈着なのに時々かわいこぶるからやばいと思った。佐藤勝利やばい

親の気持ち以外どうMCを処理すれば良いか分からないまま終わる。5人まとめて産んだことにする。優勝を知る

JCBホール大嫌いだけど大好き

少クラプリプリを永遠にリピートする毎日。母がいよいよキレているが気にしない

JJLや2012〜2014くらいの少クラのディスクが大量に出てくる。感謝。そして2014〜2015あたりの少クラを消していた過去の私を呪う。馬鹿か本当に

ジャニフワについてはまた今度まとめたいんだけど、あれほど視覚も聴覚も感情もとっ散らかる舞台を観たのは初めてなので、総じて「ジャニーズ最高楽しい」という感想しか出てこない。この感覚を何度も感じたくて気付いたら何度も梅芸に通っていた秋


岩橋は「好き」か「嫌い」か「興味ない」か、人それぞれめちゃくちゃハッキリと分かれるタイプの男の子だと思うが、「この子のこと”好き”な方が、絶対楽しいだろう」と過去の各ドルヲタの私が言う

そして何より、ひとつひとつの動きを流すことなく綺麗に丁寧に舞う岩橋のダンスがとてもとても好きだ。頭のてっぺんから各関節、指先、足先までピンっと神経の通ったダンスが好きだ。華奢で小さいのにふくふくで真っ白、羨ましい限りの身体を目一杯使った岩橋のダンスが好きだ

恥ずかしくなったり手を抜いたり気が緩んだりバカにしたりカメラを逃したりすることなく、ただ 天職:アイドル だと、こなし全うする3人がとても素敵だ。私が見たPrinceはこちらが恥ずかしくなるくらいにただただアイドルだった。かわいいのにかっこいい。その心意気がかっこいい

したたかで強靭、強い意志の宿った目で未来を見据える、愛らしい岩橋

ボロボロの涙で
ビショビショになっても
立ち上がるいわちはPrinceでPrincess

未来は君の手に託される