ミイラとりがミイラに

ミイラをとりに出かけたら

〈2016.12.24〉ジャニーズWEST1STドームLIVE 24(にし)から感謝届けます

ジャニーズWESTが7人で京セラドームの舞台に立ちました。


とっても楽しかった、とっても楽しくて切なくて嬉しくて、やっぱり楽しくて最高のクリスマスイブでした


楽しくて酔っ払った勢いでポエム綴るし、レポではないけれどネタバレがあったらごめんなさい




私はあきとや淳太くんや濵田くんがとっても若く幼いころ、エイト兄さんたちの後ろで踊ってて、雑誌では数ページにまとめられていた関西ジャニーズJr.時代を少しだけ見ていて、7WESTはもう名前しか知らなくて、そしてジャニーズWEST4がとっても悲しい数ヶ月を乗り越えてジャニーズWESTになったことを調べていた


知れば知るほど、ひとつの物語のようなジャニーズWESTは、知れば知るほど人間らしい7人で構成されていた


アイドルを追っていると、アイドルの数だけそのアイドルの物語を見る。そして、ファンの数だけ、シンメとそのファンの数だけ、ユニットとそのファンの数だけ、グループとそのファンの数だけ、アイドルの物語がある。同じ人を見ているのに、全く同じ物語はなくて、どれも正解で、どれも”事実”ではないだろう。それがおもしろくて、時々つらかったりして、それでも全てまとめて好きなんだと思う、私は


そんな数多くの物語、そのもののようなライブだった

過去現在未来を生きる7人とそのファンの数だけ物語があって、その全てが肯定されたようなコンサートだった


過去、たくさんの出会いと別れを繰り返し、泣いたり笑ったりした彼らと一緒に泣いて笑っていた松竹座とファン


現在、グループとしても個人としてもたくさんのお仕事に恵まれ、そしてそのひとつひとつに一喜一憂している彼らと、自分のこと以上に喜び祝福するファン


未来、きっと今日見た光の先を凛と歩き続ける7人と、照らし続けるファン


ジャニーズWESTは7人ともそれなりに下積み(Jr.)時代が長くて、グループに1人はいがちな、「入所して何ヶ月」みたいな子がいない

特に長すぎるJr.時代を経た兄組は、こじらせてるなぁと思うことが多々あって、それを見るのが時々つらかったりした(こんな短い間でも)

そんなこともあって、Jr.時代メドレーでは、あまりにエモすぎて胸焼けがしたし、正直やりすぎだろうと思ったり思わなかったりした

しかし、自分のメンカラに染まったドームに立ち、思いのまま言葉を紡ぐ彼らは、ひとつ憑き物が落ちたような、そんな気がして、勝手に清々しくなったりして。こじらせてる彼らが大嫌いで大好きだ。大キライ大キライ大キライ大好きah


ジャニーズに入って10年、10年前先輩のライブを、バクステの奥あたりにあった黒幕から覗いて、いつかぼくも立ちたいと思ったこの舞台。ここに立つころにはもっとかっこよくなってると思ってたけど。このステージに立つと、10年前の自分があそこから見てるような気がして、、(最高のだいきゃんスマイルで、バクステの方に向かって手を振る重岡大毅(24))


なんてロマンチックなんだろう


きっと重岡くんが幸せにしてくれる。重岡くんに着いていったら、6人もたくさんのファンも、みんなみんな幸せにならないはずがないんだ