ミイラとりがミイラに

ミイラをとりに出かけたら

キントレ・キンプリMCレポ 8/27朝・8/27昼オーラス

King&Prince、CDデビュー決定おめでとう!

記念すべきデビューシングル発売は2018年5月23日に決定しました。

 

ジャニーズハッピーニューイヤーアイランドの公演真っ只中であった1月17日にCDデビューを発表し、2月1日にはファンクラブ発足、そして3月15日にデビュー日とデビュー曲と夏のキンプリスウィートガーデンが発表、3月21日にはTBS「カウントダウンTV 卒業ソングスペシャル」でシンデレラガールが地上波初披露、4月スタートのドラマ「花のち晴れ」の主題歌であることが発表されました。

 

本当におめでとう!本当に本当におめでとう!嬉しくて幸せで大好きです。

今までの事、未来のこと、たくさん書きたいことはありますが、今回はいまさら2017年夏の話。まだ先のことは何も分からなかった時、もう諦めかけていた、大好きなキンプリが復活したような、そんな夢みたいな時間の、夢みたいに楽しかった6人のMCレポです。

 

8月24日、26日分はコレだ↓

mirra-tori.hatenablog.jp

今回ももちろん、だいたい史実に基づいたフィクションです。文字起こししていたのをいまさら編集していまさら公開します。 

 

MCの並び順は下手から

神宮寺くん カイちゃん 岸くん 紫耀さん 岩橋くん れんれん

です。

King&Princeになり、少々クセの強いメンカラに変わりましたが(笑)今回は当時のメンカラのまま表記したい!

この並び、みんなに優しく話を振るれんれんと誰の発言も聞き逃さず優しく拾っていく神宮寺くんが両脇を固め、話題を出し沈黙をかき消しみんなに突っ込むスキをくれる岸くんと爆弾を落としまくる紫耀さんの、場をかき回す2人が真ん中に、そのあいだにファンもメンバーもメロメロの不思議でぽわぽわなかわいい岩橋くんとカイちゃんがいる、最強で天才な並びでした。

 

MCへの入りは前回の通り、ハルイロのラストの決めポーズえ神宮寺くんと紫耀さんのクチビルがつくかつかないかというところからスタート。

夏の終わり、連日ギリギリの攻防が続きましたが、8月27日はオーラス。何もなく終わるはずがなかった……

 

8月27日(日)朝公演

廉「まじかー!いったよ今のは!」

海「今どうだったの?オレ分からなかった」

廉「普通に世界新記録。惜しいな!」

神「ありがとな☆」

岸「今のはもう、オレがごめん」

廉「岸くんは悪ないよ、オレがごめん」

 

いつもに増して暑いEXの話

紫「汗が目に入って目が開かんのじゃ」

神「岸くん汗かき過ぎて、もうジャケット脱いでますやん」

岸「今日、いつもに増して暑くない?最終日だからってことかな?」

海「オレらもファンも盛り上がってるね。……岸くんのこれ(衣装の毛)、民謡歌手みたいじゃない?」

岸「今の流行り分かってねーな!好きなんだよ」

廉「その衣装!?気に入ってんねや?」

紫「もう今日終わりって、早くない?この前夏始まったのに、もう終わりですよ。だってもう朝とかちょっと寒かったもんね」

岩「涼しかったぁ」

岸「みんなの半袖ももう見れないのか」

廉「まだ見れるで。9月も暑いから」

岸「(会場に向かって)もうちょい頼みます!」

廉「岸くんは半袖が好きなん?」

岸「女子の服装だったら良くない?半袖でボーダーみたいな」

廉「それもう岸くんやん!」

紫「下駄はいてな?」

廉「”M”のバッグ持ってな?」

岸「やめろよ!あれ以来本当に持ってないんだから!」

 

好きな服装の話〜突然のDTを添えて〜

紫「女性の服の好みって分かれるよね、DTは?」

時が止まるEXシアター、吹き出す神宮寺くん

紫「ダンシング髙橋さんは?」

廉「ダンシング髙橋!あったな!懐かしい」

笑いすぎてふらふらしながらソデに一瞬はけてく神宮寺くん

海「突拍子なさすぎて脳が追いついてない!」

紫「夏に生まれたんだよね、DTは」

岸「大丈夫。オレKTだから」(違うと思うw)

廉「ケイティーペリーじゃん岸くん!コールミーベイビーじゃん!」(それも違う)

岸「だから海人は良い名前もらったってこと!」

兄たちの必死のフォローが優しいw

海「ダメージがでかい……」

岸「海人はどうなの?みんな聞きたがってるよ」

廉「好きな服装教えてあげてよ」

海「好きな服装はぁ、白いワンピース」

神「前に絵で描いてたよね」

 

女の子ファッションの不思議

海「好きな夏のデート服を雑誌の企画で絵で描いたんだけど、この2人(じぐれん)、ま〜下手なんだ」

廉「ジンも下手なん意外やわ、ちゃっかり下手やな」

海「ジンは何でもできそうなのにね」

神「それもその下の写真のオレ、めっちゃキメキメなのwなのにめちゃくちゃ絵が下手なの、オレと紫耀w」

紫「え?オレも?」

神「あなた、アゴすごかったよ?!!」

海「親指みたいになってたもん」

廉「顔と首の境目がなかった」

紫「かわいそうあの子、悪口言われて」

神「女の子の服装よく分からないんだよね」

紫「デニム・デニムとかさ」

神「最近、下着を上につけてない?」

海「服をおさえるための下着みたいな」

岸「下着を上に着るの?」

紫「フフジャーを、」

廉「言うたらええやん!ブラジャーって!!」

紫「ボーダーラインが分からない!あ、ボーダーって岸くんのことじゃないよ」

岸「分かってる」

海「ブラジーぐらいにしとこ?」

かわいい

 

スク・水子、爆誕

廉「海人、白いワンピースって着てる人おらんくない?」

海「海岸沿いで白いワンピースで砂浜蹴りながらァ」

廉「それはもうジブリ!玄樹は?」

岩「あの絵(下記参照)の前に描いてたのがあってぇ、タイトルが『スク水子』」

※絵のお題は「女の子の理想のデート服」とかです

f:id:c_bdg:20180401180742j:image

岩「みんなに見せたかった」

海「アウトだねぇ」

充分アウトである

岸「アブノーマルなところいくね」

岩「夏は、似合ってれば良いと思います」

紫「たしかに体格で変わったりするしね」

EX「ザワ……ザワザワ………」

廉「何のざわめき?」

紫「体格のざわめき?」

そうだよ

 

突然の秋の話

岸「次はもう秋ですね。オレ誕生日秋なんスよ……まだ拍手大丈夫です!オレが求めたみたいになっちゃう!」

廉「今のは求めてたw」

紫「せっかくみんなペンライト持ち変えて拍手しようとしてたのに」

廉「岸くん、次22歳?」

紫「もうあっと今に上半期ですからね〜」

下半期ですね〜

廉「1月ジャニワやってから早かったもん。もう8月って信じられへん」

※ちなみに2017年1月はジャニーズオールスターズアイランド、通称ジャニアイが開催されていました

岸「時って言うのが分からなくなるよね」

海「ジャニワの台詞みたいだねぇ」

岸「楽しい時間はあっという間ってことですよ」

 

岸くんのけん玉占い

岸「オレの個人的な話していい?昨日最悪な日で。家でけん玉占いやってて、真ん中に3回させなかったら3回転ぶって占い。そしたら昨日ステージで2回転んで、3回目ケータイが壊れた」

神「岸くんのけん玉占いマジじゃん」

廉「今日は?」

岸「もうこわいからやらなかった」

廉「けん玉なんて素人はそうそう入るもんじゃないやん!そしたらほぼ不運やん。もうやめとき!」

岸「みなさんも占いには覚悟が必要ですよ」

 

双子な廉海ちゃん

岸「イワゲンって……白いな!」

岩「いきなりどうしたの?」

神「羨ましいの?」

岸「いつもに増して輝いてるってこと」

神「岸くんも白くなりたいの?」

岸「なりたいね」

廉「オレと海人がめっちゃ似てるって言われんのよ」

岸「マジ似てる!」

廉「Mステ見た友達からメールがきて、『一瞬どっちが廉か分からなかった』って」

海「おれもよく言われるぅ」

岸「今、髪色もまったく一緒じゃん!」

海「海外行くと、『ブラザ?ブラザ?』って言われるから、ふれんず!ふれんずぅ!って言ってぇ」

紫「この前洗面台で(下向いて)顔洗ってて、向こうに海人が座ってたの。チラってみたら海人が逆さまに見えるから、本当に廉に見えたもん」

海「さっきも岸くんが寝っころがりながら、廉に(腕を横に伸ばしてバシバシ叩きながら)『かいと!かいと!!』って」

岸「本当に逆さまから見ると分からないの」

紫「みなさん分かります?」

廉「さすがに分かってくれるやろ!」

岸「でも似てるって言われるのいいな。オレ言われたことない……猿しか」

海「岸くんは唯一無二なんだよぉ」

岩「岸くんは最近、ストレッチマンに似てる!知ってますか?w」

廉「のびーるのびーる、ストップ!」

岸「ストレッチマンはみなさんお世話になったと思うよ」

なったね

 

8月27日(日)昼、キントレオーラス公演

廉「今、見てたけど……ついてました〜!」

岸「なんか初めての気持ち」

海「なんとも言えないよねぇ」

岸「コレが…”キス”ってやつですか……?」

廉「コレが”キス”ってやつです!(ドヤぁ)」

海「岸くんがファーストキスを味わっちゃってぇ」

岸「最終日に良い絵でしたよ」

廉「2人(じぐひら)は、やり切ってみてどう?」

神「みんなが上げてくるハードルを乗り越えるのがつらかったよね」

岸「歓声のジャンルもいろいろあるけど、初めて聞いた歓声のジャンルだった」

海「これが『有終の美』ってやつだね」

紫「ポジティブか!?」

廉「紫耀はいまどんな気持ち?」

紫「いま?……あの……」

「照れてる!!」

紫「照れてない!」

廉「岸くんやったな!待ちに待ってたもんなオレら」

岸「オレも参戦したかった

 

楽屋にちっさいおっさん登場

廉「楽屋での岸くん、ちっさいおっさん感ハンパなくない?タオルをTシャツの中に入れたりとか、座り方もまじでおっさんやねん」

海「Tシャツも、Vネックのちょっとヨレヨレのやつだよね」

岸「分かってねーな?!オレの地元での育ち方」

廉「スタッフさんにも『岸くんちょっとおじさんすぎるから』って言われてて」

岸「こう見えてオレ、風呂上がりに化粧水ちゃんとつけてますからね」

紫「人のやつね?」

岸「けど、今日でなんか若返ったわ」

海「なんで?いまの(じぐひらのキス)見て?」

廉「良かったな、若返って。影響力があったね」

 

Prince公演オープニングとペンラの習字について

岸「全何公演あったの?」

廉「82?他のグループも合わせて」

岸「あの 廉「なんか」

岸「あ〜いい?」

廉「いいよ?……早く言えよ!」

岸「オレとプリンスは」

岩「『オレとプリンス』って何!?(オコ)」

岸「ちがっ!分かりやすいように言ってるんじゃん!!」

岩「岸くんもプリンスじゃん!!」

神「なにキレてんだよ〜?(優)」

岸「先輩たちの公演も楽しかったよね」

廉「オレらもお互い見に行ったし、見に来てくれたよな。あの習字は誰の案なん?かっこよかった」

岸「あれは誰だ?……オトナ?」

岩「ジャニーさんが言ったよね」

海「今回のプリンスのペンライトも岸くんが書いたんだよね」

岸「たまたま選ばれた」

岩「キングも選んでくれたじゃん。どれがいい?って」

岸「誰がうまかった?」

紫「岸くんの下手だったイメージ。ジンのはおしゃれだったよね?」

海「でも岸くんのがぁ、”漢(オトコ)”!!って感じだった」

岸「やっぱり”書く”っていうのは、絵とかもそうだと思うんだけど、上手いのもある程度大事だけど、やっぱ一番大事なのココ(心、胸をトントン)じゃないスか!」 

廉「ジャニーさんが3人の見て、『ボク、どれが誰のか分かるよ〜(モノマネ)』って言ってて、しっかり全員ハズしてたw」

神「全部きれいにハズしてたからね」

廉「たしかジャニーさんが1番良いって言ってたのは岸くんのやねんな?」

岩「オレだよぉ」

廉「玄樹か!」

岩「ジャニーさんが良いって言ってくれたやつを出したの。そしたら見事に0票だった」

おいヒロム!!

神「だって岸くんが書いたやつも『キミが書いたんでしょ?』って言われて、オレじゃないオレじゃないwって」

岸「今となっては良い思いdkgj……(かんで諦める)」

海「最後まで頑張ってぇw」

岸「最近、ダメなんだよ。昨日の24時間テレビ見てたら、キャスターの先輩たちが滑舌テストしてて、オレ1個も言えなかったもん」

廉「どんなテストだったの?」

岸「えっと、なんだっけ……そこももう覚えてないくらい難しい文章だった」

岸くん以外「へえ」

廉「……聞いた?w今、みんなの興味ない『へえ』ってw」

 

2017年の夏、岸くんと後輩の新鮮な関係

廉「今思い返せば結構な公演数やってたわけやん?1日3公演を2日連続とか」

神「1ヶ月で80公演以上って、他のところではないんじゃない?」

海「まじ時空歪んでるぅ!」

岸「オレはB少年とハイハイジェットとこんな近くでやったの初めてだったから、新鮮だった」

廉「ジュニア祭りとか一緒にやってたけど、このメンツでっていうのは初めてやもんな」

神「岸くんは何か絡みあったんですか?」

岸「オレは猪狩くん。めちゃくちゃ生意気だよね。……すごい、良い意味で!」

ザワザワ

岸「生意気ってすごい良い意味なんスよ!!後輩って気を遣いすぎてもダメじゃん?」

廉「イヤじゃない生意気さやね」

神「先輩からモテそうだよね」

岸「そうね……」

廉「岸くんとは違った愛されキャラって感じするよな」

岸「あっ、そう……?」

神「なんで悔しそうなのw」

岸「悔しいよ。オレもいつまでも子どもとか後輩でいちゃダメなのかな」

紫「別に(先輩を)超せる時はないからね。先輩はずっと先輩だし」

 

実はスペシャルゲストだった、岸くん!?

廉「海人はどうやった?今日で終わりやけど」

海「早いよ〜本当に」

廉「それさっき聞いた!」

海「でも今回は噛み締めたね」

岸「噛み締めてた!海人!すげえ噛み締めてた。オレ一緒に立ってて分かったもん」(優しい)

海「分かるぅ?Princeと一緒にやる公演も久しぶりで、めちゃくちゃ楽しかった!舞台裏でもわいわいきゃっきゃしたり」

神「本当にうるさいですからね〜」

海「時間がすごい早く感じたね」

岸「なんか、また一歩オトナになれた気がする」

海「子どもでいたいんじゃないの?」

神「今日、岸語録がすごいな」

岸「オトナになっていくもんなんだよ!みんなもオトナになっていくもんだから。一瞬一秒を大事にしてほしい!!」

岸語録がすごいな

紫「まじで矛盾してる!」

岸「矛盾……してるね?」

廉「岸くんありがとう。頑張ってくれてありがとね」

岸「なんかエンディングみたいになってない!?オレ今日ゲストじゃないから!……はけようとしちゃったよ。みんなも拍手しようとしちゃったよね」

 

キングとプリンスでコンビ作るなら?

廉「玄樹どうやった?」

岩「サマーステーションとか勝つんだWINとか、今までキングとやった曲を久々にやれて嬉しかったよ」

神「お客さんも覚えてるしね」

岩「懐かしい光景が広がってて、楽しかった」

神「オレらだって(振り付けの)思い起こしとかするのに、お客さんは覚えてきてくれますもんね。そうやって身近に愛を感じられて幸せですね。いつもありがとうございます」

廉「また次6人でやるってなったら、キングとプリンス1人ずつ、2人で何かやりたいよな」

神「コラボレーションね!」

廉「裏の感じ見てると、ジンと紫耀、海人と玄樹、オレと岸くん、ってなるよな」

岸「オレ、廉となんだ…」(イヤそうw)

廉「ちょっと!イヤそうにするのやめて!?」

岸「いやいや、絶妙な感じあるよね」

廉「ちょうど分かれてるよね」

岩「紫耀と神宮寺は『リアコイブラザーズ』でしょ」

神宮寺くん大爆笑

 

岩海ちゃんのかわいすぎるセルフサウナ

廉「玄樹と海人でお風呂入ってるの見た。トイレにシャワールームがあって、2人で入ってんな〜って」

岩「サウナをやってたの」

海「シャワーをめっちゃ熱いのにして、反対側の壁に寄って、温風を2人で受けて『熱いね〜玄樹くん〜』って」

かぁぁぁぁぁわぁぁぁぁぁぁぁぁぁいいいいいいいいいいいいい

岸「イワゲンと風呂入ってんの!?」

海「だからサウナって言ってんじゃん!!(オコ)」

廉「勝手なイメージやけど、玄樹と温泉行ったら絶対隠すパターンやと思うねんけど」

岩「隠してるよね?」

岸「オレ、ごめんだけど、何年間も付き合ってきて…あ、付き合ってるってそういう意味じゃないよ?」

廉「分かっとるわ!!」www

神「オレと岸くんはこう(オープン)だよ?」

廉「岸くん、タワシで体洗ってそうやもん」

岸「それはない!」

紫「痛そう」

岸「痛くない!信じないで!意外とデリケートだから!」

 

勝手に風呂に入ってきて、勝手に放屁する岸くん

岸「今回初めて一緒にお風呂入ったよね」

岩「岸くんが勝手に入ってきたの!」

廉「岸くん、本当に勝手に入ってくるよな」

岩「しかもめっちゃ距離が近いから『あ、お、おう(汗)』ってなる」

廉「普通に風呂入ってくるなら全然ええねん。そこは許せるねんけどさ、岸くんさ」

と自分で話しながら、1人で自分で笑っちゃってしゃべれなくなるペロペロれんれん

岸「なに?」

廉「言うで?w」

岸「なになに?分かってない!なに!?」

廉「一緒に風呂入って、頭流してたの。そしたら『ブッ!!』って聞こえてきて、クッサ〜って思ってwwwめっちゃ狭いやんwww」

岸「みんなごめんね!?コレは弁明させて!ファンの子、いなくならないでね?みんな聞いて?やっぱり不可抗力には逆らえない」

神「そんな岸くんもファンの子たちはまるっと好きだから大丈夫ですよ」

廉「オナラ聞いて余計好きになったもん」

岸「オナラじゃない!オナラじゃないから!!月に向かって発射してんだよ!」

神「それはオレらが悪かったわw」

岸「アイドルは!……たまにするよ?」

 

まさか、オナラ話で終わったキンプリMC。楽しかった〜!

大好きな6人が、大好きなキンプリがまた見れた、夢のような夏でした。

そしてこの時には、もちろん望んではいたけれど、もう正直半ば諦めていたような、本当に「夢」だと思っていたこの時間が、今春からまた続いてく。新しい夢がまた始まっていく。

キンプリを応援して知った、「夢は叶うんだ」ってこと。